雑記

新卒1年目で会社を辞めたエンジニア転職活動日記

エンジニア転職

はじめに

社会人になり1年も経たないうちに転職しました。

その時どんな風に転職したかを、ブログに残しておこうと思います。

少しでも誰かの参考になれば幸いです。

まずは何から始める?

転職口コミサイトを参考にする

今は転職会議カイシャの評判など複数の口コミサイトがあるのでぜひ参考にすると良いです。

行きたい会社が決まっていない時期の方が使っていました。口コミから「この人はこんなことを大切にするんだ」「働いてみるとこんな不満がでてくるのか」など、仕事に対する価値観の収集できます。

入りたい会社が具体的に決まってきたら、特に同じ世代、同じ部署の口コミを見つけられるとよいです。普段の業務のイメージができるからです。

転職サイトを決める

リクナビNEXTマイナビ転職dodaビズリーチGreenなどなんでも良いと思います。

エンジニア転職に強いサービスもあれば、幅広い職種を扱っているサービスもあります。より丁寧にまとまっている記事がたくさんあるので、ここではそれぞれの長所短所は割愛しますが、自分にあったサービスを選ぶとよいです。

私は今エンジニア職ですが、今の会社に入る時は、エンジニアに特化したサービスを使いませんでした。

転職エージェントを使う

転職エージェントはぜひ使った方が良いです。メリットはこちらの記事にまとまっています。

私も今の会社に入る時は転職エージェントを利用しました。第二新卒の私にも丁寧にご対応いただき、よい転職をすることがきました。

エージェントとの相性にも左右されるかもしれませんが、ぜひ利用するべきだと思います。

私が一番嬉しいと感じたポイントは、面接に落ちた場合でも、落ちた理由を教えてくれことです。

少なくとも私の利用したエージェントは、「エンジニアとしてはまだ頼りない」とか「志望動機が弱いと感じた。理由は・・・」など丁寧に教えてくれました。

地方から東京に向けて転職活動

転職活動をしていると、働きたい企業が東京や都市部に集中していることはあると思います。私も入りたい企業が東京に集中していました。そのころ地方に住んでいて、東京には飛行機で行く必要がありました。

この時、転職エージェントには非常に助けられました。面接をビデオ通話でしてくれるように企業側と取次いでくれました。

企業側は、「本当にこの人は東京まで来てくれるのか?」という疑問があるかもしれません。この点でも転職エージェントは助けてくれます。転居に抵抗がない意思を事前に伝えておいてくれるのです。また複数社同時に東京の企業を受けていることも伝えてくれるので、説得力もあります。

これで面接に余計な時間を割かずに済みます。

また遠方というだけで面接のフローが異なり、企業によっては二次面接まではビデオ通話だけど、最終面接は来社してもらうなど、ルールは様々です。この面接のスケジュールを複数社に渡って組むのは面倒です。

しかし転職エージェントを利用していると、無理のないスケジュールで日程調整を行ってくれます。お陰様で、余計なことを考えずにスムーズに希望の職を探すことができました。

会社にバレないために

今の会社の最終面接は東京本社に行く必要がありました。この時は会社に急遽、急性の胃腸炎であると嘘をつき2日間の休みをもらい飛行機で移動しました。(とっても楽しかったです

またビデオ通話による面接などもだいたい夜にしていただけます。

19:00から遅いところでは22:30くらいに面接に応じてくれました。

夜の面接に間に合うように、会社には勉強会にいく旨を伝えたり、この記事のテクニックを用いて早帰りしていました。。

転職する時の合格率に関する話

第二新卒で優秀さをアピールしても無駄?

第二新卒が転職活動で有利に立つためのポイントについて書きます。

自分の希望している職業にあった研究やバイトをしていた人には関係ない話かと思いますので、そういった方は読み飛ばしていただければと思います。

第二新卒はまだ社会人としての実力がないと見なされます。ですので、面接の場で前職どれだけの実績を上げたかアピールしてもあまり効果がありませんでした。

中途面接ではベテランも新卒も平等なので、30代40代の大活躍している世代と同じ土俵に上がっても不利です。

私はこのことに気がつかず、しばらく面接に通りませんでした。

1社目で熱心に勉強していましたし、上司からの評価もよかったので、面接でアピールに使いました。けれども面接官にとっては、もっと優秀な人はたくさんいたのです。

それに1年間でちょっと周りよりも評価が高くても、たった1年くらい、偶然高評価を得る可能性だってあります。

(上の世代と比較しても本当に優秀な人は、問題ないです・・・・私は違います・・・)

だから、会社への熱意と仕事に対する意識でアピールする

第二新卒の武器は熱意や伸び代です。

会社の方針にどれだけ共感しているか、事業に貢献したい気持ちがどれだけ強いかを示すことで、企業側に元気に長く働ける人材だと思わせる必要があります。

熱意を伝えるために私は、まずサービスを使ってみることから始めました。このサービスを世に広めたい、もっと質を良くしたいと思うことが働くモチベーションに繋がると思いますし、そう思わなければ、入社しても意味ないと考えています。

ですので、まず使ってみて、いいと思えばそれを面接で話してみました。熱意の面では十分すぎるくらい伝わりました。

けれどもしばらくは面接に通りませんでした。なぜならもう1つ、仕事への意識を伝えることを忘れていたからです。

私はあなたの会社でこう役に立ちますということを面接で話さないと、こいつは仕事をわかっていなんじゃないかと思われます。

この商品がすごく良くて、もっと良くしたいと思いました!イジョウデス!
こいつは働くということをわかっているのだろうか。。。?

何も自分が「〇〇ができます」とまでいう必要はありません。「これから勉強して、こういったスキルも身につけていき、御社で活躍していきたいです」と、実際に働いているシーンをイメージさせるだけでも十分です。

第2新卒で仕事の実績があまり武器にならないからといって、実際の仕事の話を全くしなかったら面接は通りづらいです。

エンジニアは受かりやすい?

私は転職するときはエンジニアをやめて、営業職に行きたいと思っていました。もしくは企画職です。

けれども、エンジニアはどこの会社も人が足りておらず、採用枠も多くあり、内定率も高かったです。ですので私は途中で心が折れて、「エンジニアがしたいです・・・」と嘘をついて入社しました。

そして異動に関しては手厚い会社を選び、入ってから異動するつもりでいました。

もしみなさんも転職の時になかなか面接を通らず、それでもどうしても今の会社を離れたいときは、自分の受かりやすい部署・職種にしてみると良いかもしれません。少なくともこの記事を書いた時期では、エンジニアの採用枠はとても多いです。

(余談ですが、今の会社では結局エンジニア仲間の居心地が良くて、ずっとシステム部にいます。移る気もないです。)

やっておけばよかったこと

twitterで仲良くなって飲みに行く

会社によっては難しいかもしれませんが、少なくとも弊社はtwitterで社員のアカウントを勝手にフォローしてくれて、「会社のことを知りたいので飲みにいきましょう」と言っていただければ、ノリノリで飲みに行く人が何人かいます。

私は地方にいたので難易度は少し高かったですが、それでも不可能ではなかったかなと思います。

twitterからいきなり見つけることが難しければ、勉強会で出会うか、1次面接の時に人事にお願いしてみるのもありだと思います。

一緒に働く同僚と話しておくことが、一番仕事のイメージにつながりますし、ミスマッチも防げます。

勇気が必要だと思いますし、私は次回転職する時に率先してやれる自信もないのですが、逆の立場として何人かと飲みに行ったり面談したりして、これはいい!!と思いました。

ぜひ勇気を出して繋がってみてください。

最後に

エンジニア転職日記という形で、書かせていただきました。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

エンジニアになる、もしくはエンジニアだった人の転職活動として参考になればと思います。

ABOUT ME
hirayuki
今年で社会人3年目になります。 日々体当たりで仕事を覚えています。 テーマはIT・教育です。 少しでも技術に親しんでもらえるよう、noteで4コマ漫画も書いています。 https://note.mu/hirayuki