読書・勉強会

Bonfire Data Analystに行ってみた

BONFIREとは

yahoo発信の勉強会です、今回のテーマはデータの可視化ということで、BIツールの話や可視化に関する研究のお話を聞くことができました。

https://yj-meetup.connpass.com/event/136483/

ベンチャーから始まるデータの可視化

吉田裕宣さんが発表されていました。

株式会社HR Force

アドテクノロジーの会社で、1年半で6人から48人に急成長た会社です。セミナー集客を得意としています。アドテク業界ではテクノロジーよりもデータ量が大切が大切であり、その戦略に成功するまでの苦労をお話してくださいました。

データ整備が必要、ベンチャーのスタートはそこから

「経理データってどうやってそもそも取るんだっけ?」そんな風にデータを取る組織を作るとこからスタートしました。弁護士や法務の人と調整しながら、データを違反なく取得するための導線を作る努力が最初にあったそうです。

かなり泥臭い作業を乗り越えデータを取得できる環境を整えていました。

最初は可視化なんてできていなかった。

スプレッドシートで最初はやっていたそうです。ですがAPIを使ってデータを入れて、頑張っていたがデータ容量に限界が来ました。その時に徐々に人数も増え始め、利用するデータ管理ツールがどんどん変改していきました。

10人くらいになったときにtabloueを導入。次に20人くらいにgoogle Data Studioを導入。30人になって、Salse Forceを導入。

人数規模が大きくなるにつれて、社員の性格が分散していく傾向があるそうです。社内の数字に興味がある社員、興味がない社員、事業部の数字にだけ興味がある社員など。そしてその社員に適したデータの可視化ツールを順次導入していったそうです。

スタートアップのような人数で6人のころから、データが取れる環境を整えることに気づいたいたことが成長の大きなポイントだと思いました。適当にデータをとって考えながら進めていく姿勢も事業立ち上げ時には必要ですが、データプラットフォームが汚いまま会社が大きくなり、改修できない現場は多いと思います。そうならないように最初の努力を怠らなかった姿勢を見習いたいです。

ヤフーにおけるデータの可視化

前川将さん(@willanalysts)が発表されていました。

可視化課題の整理

可視化の問題は3つに切り分けられる

  • 文化の課題
  • 運用の課題
  • システムの課題

ここは私の理解が浅かったので、後に追記します。

Tableauはデータドリブンの入り口

SQL、ライブラリ(正直ここで言っているSQLとライブラリが何なのか、よくわからなかったが)は高度なデータ分析だと位置付け、まずはTableauで始めていました。

Tableauをレゴと例えて、自分で組んでよりよい可視化を作っていくことができるツールだと言っていました。

たしかにSQLをいちいち書くのは面倒ですし、BIツールで可視化できるならばそれに越したことはありません。だから、Tableauから可視化を始めることは余計なエネルギーを使うわずに済む点でいいと感じました

データ可視化の研究って何をしているの?何の役に立つ?

水野 加寿代さん(@kazuyokojima)が発表されていました。

3つの研究目的

  • データ理解
  • 仮説検証・意思決定
  • 報告・内容理解

データ理解のためのアルゴリズム

集合データの図は静止画では比較しづらいという課題があり、それに対する取り組み、論文を発表してくださいました。内容は以下のようなものでした。

アニメーションの自動生成の手法を提案し、人の目で追いやすい可視化を研究されていた。あえて一度に全てを動かすのではなく、パラパラ漫画のような形式のアニメを自動生成してみた。そしてそれに対して人の目の動きを計測し、内容を理解できたかをテストして点数をつけた。

論文のお話をいくつか聞いて

特に面白かったことは、人の理解度を研究の指標として取り入れていたことです。当然といえば当然ですが、可視化のゴールは人の理解を手助けし、判断の助けをすることということを再認識しました。

論文の著者にはD3.jsの制作者もいて、こういった日々の研究が私たちの使っているツールのよりよい実装に繋がっていることを感じました

おわりに

データの可視化というテーマでした。各社BIツールを如何にして導入していったのか、どうやって社内で使ってもらえる環境を作っていったのか、苦労の伝わるお話でした。

ただ自分としてはこんな可視化に意味があったが、こんな可視化には意味がなかったとかデータ自体の取り扱いにもう少し踏み込んで欲しかった感はありました。(これは個人的な意見なので、BIツールの運用担当者はハマると思います。)

ABOUT ME
hirayuki
今年で社会人3年目になります。 日々体当たりで仕事を覚えています。 テーマはIT・教育です。 少しでも技術に親しんでもらえるよう、noteで4コマ漫画も書いています。 https://note.mu/hirayuki