IT業務効率化

非エンジニア向けのslack紹介

slack logo

この記事を書くモチベーション

slackはとても便利だと考えているのですが、どうも社内で広まっていきません。

社内の多くの人が利用しているツールはハングアウトですが、

このハングアウト勢をslack勢に変えたいのです。

色々ヒアリングしてみると、

slackって何?使い慣れたハングアウトでいいじゃない。

という感じです。

そこでSlackをよく知らない人にも馴染んでもらうために、Slackのいいところを書いていきます。

最初にまとめ

slackのいいところ

・メッセージが見やすい

・会話がぐちゃぐちゃにならない

・グループを出たり入ったり、ミュートしたり、お気に入りしたりできる

・グループが見つからない。そんな時もslackは検索できます!

・細かく通知を設定できる

・何を喋っていたか、履歴を検索できる

メッセージが見やすい

メッセージの書式設定ができます。

`「バッククォート」で囲むことで赤くハイライトして見やすく表現できます。

(桜の絵文字のようにいくつかの絵文字がデフォルトで用意されています)

太字、斜文字、枠で囲んだ文字も作成できます。

会話がぐちゃぐちゃにならない

グループの中で2つか3つの話が同時並行してしまうことはありませんか?

slackなら大丈夫です。

スレッドというものが用意されています。

誰かの発信したコメントに対して、その下に会話を続けられます。

通知が細かく設定できるので、本当に必要な時だけ気づく

slackの特に優れてる点として、グループ(正確にはチャンネルと言いますが)を自由に出入りすることができる点です。

下の画像がチャンネル一覧の例です。自分で好きな名前のチャンネルを作成できます。

さらにミュートすることもできます。普段そこまで気にしたくない、コメントも拾わなくていいようなチャンネルはミュートして優先順位を下げておきましょう。

お気に入りのチャンネルは上位に常に持ってくることができます。

よく話すメンバーがいるチャンネルは、スター付き(お気に入り)しておきましょう。

グループが見つからない!そんな時もslackは検索できます!

あの人達とどこで喋ってたっけ?
あのプロジェクトはどこだっけ?

そんな時も大丈夫です。

macなら「command + k」もwindowsなら「Ctrl + k」でチャンネルを検索できます。

「緊急」と検索しただけで、緊急障害対応チャンネルが見つけられました!

細かく通知を設定できる

そのグループの会話は気になるけど、

通知まで来なくていい!(怒)

そんなときもslackは細かい通知設定ができます。

slackには@hirayukiと@マークのあとにユーザ名を入れるとその人だけに通知することができます。

そのメッセージだけ拾う設定をしておけば、チャンネルの会話は拾いつつ

余計な通知を避けることができます。

何を喋っていたか、履歴を検索できる

大事なこと言ってた気がするけど、どこだっけ?

私はがすごーく重宝しているのはピン留めと検索です。

ピン留めしておくと、ナレッジやルールをわかりやすい場所に固定しておけます。

ピン留めしたコメントは画面左上のピンマークから表示することができます。

検索はとっても簡単でmacなら「command+f」windowsなら「Crtl+f」で検索できます。

上は「お花見」で検索した例です。

これでどこにあるか忘れてしまったやりとりも、すぐに見つけられます。

また期間や誰が言ったか、誰宛に言ったかなども検索条件に含めることができるので、

言葉だけでは似たようなものがたくさん出てしまうときでも大丈夫です。

父の日キャンペーンについて、tanakaさんが何か言ってたんだけどな〜

という時は「父の日キャンペーン from:@tanaka」と検索してみてください。

(fromなど最初難しく感じるかもしれませんが、すぐに慣れます)

作業履歴を管理する必要もありません

おわりに

slackの便利な機能は書ききれないほどあり、

この記事はslackの便利な機能の1%もかけていないと思います。

しかし普段使いを考えると、この記事の内容だけで

便利だと思えることの8割くらいは書けたかなーと思います。

(特に非エンジニアに向けて書いたつもりです。)

 

これを機にslack使ってみようかな?と思っていただけると幸いです。

※今回はHangouts Chatについては触れませんでしたが、いずれ使ってみたいと思います。

 

より深く活用したい方向けに↓

Node.jsとPythonを使ったSlack API 活用術 – チャットボットの活用で仕事効率化
ABOUT ME
hirayuki
今年で社会人3年目になります。 日々体当たりで仕事を覚えています。 テーマはIT・教育です。 少しでも技術に親しんでもらえるよう、noteで4コマ漫画も書いています。 https://note.mu/hirayuki