IT業務効率化

Slackをメモ帳として使うメリット7つ

Slack memo

Slackをメモ帳として使うには

SlackはLINEみたいなもので、基本はチャットツールなのですが、自分宛てにメッセージを送ることができます。

Slack-memo

丁寧に(自分)って表示してくれています。

Slackからも存分に使ってくれとメッセージが書いてあります。

了解しました。では色々と書いていこうと思います。

なんかこういう何でもいい例を書く時、本当くだらないことしか思いつかないな・・・

これでメモできました。

Slackをメモ帳に使うメリット

上に流れていく

人によっては使いづらく感じるかもしれませんが、基本はLINEなどのメッセージアプリと構造が同じなので、新しいことを書いていくとどんどん上に流れていきます。

ですので終わったタスクをわざわざアーカイブなどしなくても、終わったことや大切じゃないものは、見えないところに追いやられていきます。

私は1週間や1ヶ月かかるプロジェクトのスケジュール・メモ帳は別にしていますが、今日のその日レベルのタスクや、mtgの内容をメモしてあとで清書するつもりの時に利用しています。

ピン留できる・スターをつけられる

ピン留めしたりスターをつけたりすると

コメントの一番右の「・・・」をクリックするとメニューが開けます。

その中の「この会話にピン留めする」をクリックしてください。すると上に流れていったとしても、ピン留めリストの中にずっと固定されます。

ピン留めリストはページ上部の画鋲みたいなマークから表示することができます。

もうひとつ。スターも同じように使えます。

右側のメニュー一覧にスターを付ける機能があるので、クリックするだけです。

スターをつけたリストを確認するときは、一番右上にマークがあります。(灰色ですけど)

これで流れていくメッセージにも重要マークをつけ、いつでも確認することができます。

スターとピン留めの違い

スターは個人のマークなので、他の人からは見えません。

ピン留めはチャンネルごとに設定するので、他の人にも見えます。

今は自分しかいない場所なので、どっちでも全く同じ機能です。

スレッドあげ

そもそもですが、Slackにはスレッドという概念があります。

チャンネルの中でみんなが喋るのではなく、コメントに対して新しくチャンネルができるイメージです。

そして上の画像の一番右下に「以下にもう投稿する:# genetal」と書いてあります。

ここにチェックを入れてコメントすると、スレッドの中から飛び出して、チャンネルの中にも一緒にコメントできます。

スレッドの中はクリックしないと見れません。例えば「今日の飲み会どうする?」に対する1件の返信はクリックしないと見れません。

けれども「以下にも投稿する」を使うと、またみんなに見える場所にコメントを投げられます。

スレッドの中で思った以上に重要な会話になって、みんなにまた注目して欲しい時に使ったりします。

前置きが長くなりましたが、、、

これを使えば古い過去の情報を、コピーなどせずに一番見やすい場所に持ってくることができます。

ちょっと図だけではわかりづらいかもしれませんが、古い情報を一番手前に持ってきてみました。スレッドあげと呼んでいます。

またSlackではコメントの位置に移動できるURLを持っているので、それを使っても似たようなことができます。

ファイルも置ける

ファイルもオケルンデス(特にこれ以上いうことはありません。)

会話しながらメモしやすい

うちの会社ではmtg中にも利用していて、簡単な議事録やTodoをSlackのみんなの見える場所に書き込んだりします。

特に資料などをチャンネルに貼って話を進めることが多いです。

そんな時にたくさんのウィンドウを開かずに済みます。

メモを自分のスペースでまとめながら会議できます。

(慣れてくると)見やすい

Slackには色々な記法があるので、それを用いると綺麗にまとめられます。

記法の種類はワードやgoogleドキュメント等には当然劣りますが、ササッと文章をまとめる上で非常に重宝しています。

書き方は公式のドキュメントを参考にしていただければと思います。

検索しやすい

Slackは自分のコメントを言葉で検索するだけでなく、時間宛先でも検索することができます。

「Ctrl+F」で検索画面が開けるので、そこでキーワードを入れます。

時間で検索したいときはafterとかbeforeとかduaringとかを使います。日付はいろんな書き方に勝手に対応してくれます。「5月」とか書いても通用します。

あのメモどこだっけな〜?というときも、心当たりのワードと日付で探してみると、すぐに見つけられます。

おわりに

私はメモ帳は他にgoogleドキュメントとTrelloを使っていますが、小さいメモとしてSlackの個人スペースはとても助かっています。

もしSlackを社内で使っているようであれば、ぜひどんどん活用してきましょう!

読んでいただきありがとうございました。
ABOUT ME
hirayuki
今年で社会人3年目になります。 日々体当たりで仕事を覚えています。 テーマはIT・教育です。 少しでも技術に親しんでもらえるよう、noteで4コマ漫画も書いています。 https://note.mu/hirayuki