IT業務効率化

Raspberry Pi 3が起動しない(macの記事を読んでいたら)

installをdiskNs1というパーティションされた容量に対して行っていた

installしてきたラズパイのイメージを読み込ませるコマンドがあります。

$ sudo dd if=2020-02-13-raspbian-buster-full.img of=/dev/disk7s1 bs=1m 

アンマウントするディスクが/dev/disk7s1だったために勘違いして上記コマンドを売ってしまいました。正しくは

$ sudo dd if=2020-02-13-raspbian-buster-full.img of=/dev/disk bs=1m 

です。

購入したもの

あとは手持ちのmac bookです。

Raspbianのダウンロード

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

から「Raspbian Buster with desktop and recommended software」をZIP形式でダウンロードします。

Raspbianをmicro SDカードに読み込ませる

ディスクユーティリティを開いてmicroSDカードを初期化します。

差し込んだmicro SDのページを「ディスクユーティリティ」で表示させ、上の中央あたりにある「消去」をクリック。この時にファイルシステムをFATにします。

新しくディスク名をRASPI_DISKとしました。

df -hでマウントされているmicro SDカードを確認

$df -h
/dev/disk7s1   119Gi  2.3Mi  119Gi     1%       0          0  100%   /Volumes/RASPI_DISK

micro SDカードをアンマウントする

$ sudo diskutil unmount /dev/disk7s1
Volume RASPI_DISK on disk7s1 unmounted

NOOBSとRaspbian

https://vasco-blog.com/blog/2019/07/06/deference-noobs-and-raspbian/

Raspberry PiにOSをインストールする時、Rasbianと合わせてNOOBSと言うものを目にしたので調べてみると、インストーラの様です。これを利用することで、推奨されるソフトウェアも一緒にインストールできる様です。

microSDカードにOSを転送する

$ sudo dd if=2020-02-13-raspbian-buster-full.img of=/dev/disk7s1 bs=1m 
6984+0 records in
6984+0 records out
7323254784 bytes transferred in 41015.296060 secs (178549 bytes/sec)
ここではまりました。ただしくはdisk7s1ではなくdisk7です。

 

df -h でdisk7を確認できなかった私は、disk7s1でいいかと思いこちらにインストールして、失敗しました。

disk diskutil listでdisk7の存在は確認できます。

結局は公式ドキュメント

https://www.raspberrypi.org/documentation/installation/installing-images/mac.md

公式ドキュメント通り正確に進めれば問題ありませんでした。

diskNにたいしてインストールしないと動かないと言うこと、勉強になりました。

おまけ

調べてみるとdiskNs1などと表記されているのはパーティションされたディスク容量だそうです。

https://www.storange.jp/2017/09/macosefi.html

  • diskN: ディスク全体を指す
  • diskNs1: EFIボリュームであることを意味する
  • diskNs2: ファーストボリューム
  • diskNs3: セカンドボリューム
ABOUT ME
hirayuki
今年で社会人3年目になります。 日々体当たりで仕事を覚えています。 テーマはIT・教育です。 少しでも技術に親しんでもらえるよう、noteで4コマ漫画も書いています。 https://note.mu/hirayuki